お知らせ

燃料電池で動く「都バス」に乗って、エコ学習しました。

 

第2回 おきがる環境講座

親子で、燃料電池で動く「都バス」に乗って、

             未来のエネルギーを学びに行こう!

~「水素情報館・東京スイソミル」

  「江東区立環境学習情報館・えこっくる江東」見学~

 

平成30年7月21日(土)実施

参加者 21名(うち、子ども9名)

 

 

こちらが東京都交通局で初めて購入した、トヨタ自動車製造の燃料電池バスです!

タワーホール船堀を出発!

 

燃料電池の電気は、水素と酸素から得られるエネルギーから作ります。

東京都は、現在の「炭素」を中心としたエネルギー社会から、

「水素」をエネルギーの中心とする「水素社会」へのシフトを目指しています。

 

その「水素社会」について分かりやすく解説している展示施設が「水素情報館・東京スイソミル」です。

 

次に、ほぼ隣接している江東区の環境学習施設「えこっくる江東」を見学しました。

 

はじめに、展示解説ボランティアの方に、ご自身が日頃取り組んでいる「エコ」ととともに、自己紹介をしていただき、展示解説をしていただきました。

 

「東京スイソミル」と「えこっくる江東」のセット見学、おすすめです!

 

おきがる環境講座は、今後も楽しく学べるプログラムを予定しております。

パンフレットはこちらからご覧になれます。

 

ぜひ、ご参加ください。

 

次の第3回おきがる環境講座は、8月1日「イベント/講座・講習」にアップします!

お楽しみに!!

2018年07月24日